岡しゅうさんの釣りブログ(仮)

トップウォータープラッキングをこよなく愛し、ブラックバスを愛でるのに人生をかける男の釣りブログ(愛艇はサウンド10.5)冬はライトロック!メバル、ソイ、アイナメ、ハゼ!仙台港、塩釜港、七ヶ浜、松島、石巻、女川に出没します!ライトロックはビギナー of ビギナー( ^ω^ )

腰に優しく雨にも負けぬオススメ防水ボートクッション(カヤック用とアルミボート用)

ボートクッションの必要性

皆さんは自分のお気に入りボートクッションを持っていますか?

トップウォータープラッガーの殆どの方は、浮き物(アルミボートやカヌー、カヤックなどなど)で釣りをする機会が多いと思うので、何かしらボートクッションを使用しているかと思います。

今まで数回ほどボートクッションを忘れてしまい、ボートクッションを使用せずにアルミボートで釣りをしたことがありますが、これが非常に辛い!!


まず、アルミにボートに直に座る訳ですから、アルミの温度が直に伝わってくるため夏は熱いし冬は冷たい!
そんなのがお尻に襲ってくる中では釣りに集中できませんよね(^_^;)
また、アルミの硬さがジワジワと腰にダメージを与えてきます。
段々居ても立ってもいられない状態となって、帰るころには「イテテテテ・・・」とアルミをカートップするのも辛い状況になります。


カヤックでも高価なカヤックであればシートの座り心地も良さそうですが、僕の持っているサウンド10.5はだいぶ安価、性能が良い反面、コストカットでシートがクソチープw
そのチープなシートが腰にテキメン!
最初は余裕で座って漕いだりキャストしたりしてても、何時間か釣りをしてると「アレ…?俺の腰が…」 となる訳で。。
これで何度辛い思いをしたか(笑)
もはやイジメですw


そこでボートクッションです!


巷には様々な種類がありますが、僕が気に入って使っている腰に優しく雨にも強いボートクッションをご紹介します(^ω^)




ナチュラディストーション

これはアルミやゴムボートなどボートメインで使用していますが、高さや硬さが丁度良く、シートに沈み込むこともないので座っていて疲れません(ちなみに体重67kg)


僕の場合は、あまり高さがあると乗っている時やキャストの時にバランスを崩しそうになって怖いので、レギュラーサイズを選んでいます。
人によってはダブルサイズを選ぶ人も居るのでそこは完全に好みかと思います!


そしてこのカラー「カモフラージュ」がまたカッコいい(^^)
このカラーのボートクッションはなかなか見ませんよね!
トップウォーターにピッタリです🎶

また、表面が「PVC」という水を弾く素材ですので、小雨程度ではビチャビチャになる心配もなく、梅雨時期でも安心して使えるのもウレシイ!
※大雨時などは中のクッション素材まで浸水します


ナチュラディストーションにはボートクッションの他にもルアーや偏向の取り扱いもありますので、是非!


注意点としては、ナチュラディストーション製のボートクッションでもPVC以外の素材を使用している物もあるので確認してから購入しましょう。


ウェブサイトはこちら



スミス(SMITH)

続いてはお馴染みのスミス

スミスと言えば「NEED HELP」が有名ですが、このボートクッションを使用しているプラッガーさんは少ないかもしれません!

カヤック用のシートやクッションもありますが、僕は敢えてカヤック用にもボートクッションを選びました。
理由は

  • サウンド10.5に正しく取り付けられるか不明
  • キャスト時に邪魔になるのではないか
  • カヤック以外に使用できない

取り付けられなければ無駄な買い物になってしまいますし、後付けなのでベルトが邪魔になる可能性も捨てきれない。また、僕の場合はボートクッションをバーベキューや外遊びの座布団代わりなどにも使用したいので、汎用的な物が欲しかったんです。

本当はナチュラディストーションのボートクッションを使用する予定でしが、どうしてもサウンド10.5にはサイズ・高さ共に合わなかったので別なボートクッションを探していたところ、ベストマッチな物を発見した訳です!


上の写真は折り畳んだ状態ですが、3点のマジックテープで止まってます。

ご開帳

厚さは半分になりますが座面が広くなります。

この状態で、サウンド10.5の既設シートの上にクッションを置いてから座ると、高さや座り心地が全然違います(^ω^)

クッションの性能としてはナチュラディストーションに分がありますが、これを使用してから腰の負担軽減と、釣り心地も良くなりました(釣果はあまり変わりませんでしたがw

ナチュラディストーションと同様に表面素材が「PVC」なので防水です!

お値段も3000円前後とボートクッションの中でも非常に安価なんですが
色はレッドとブルーの二色のみなのがイタイ!
他のカラー展開に期待したいしましょうw

スミス(SMITH LTD) 折りたたみボートクッション レッド
by カエレバ
スミス(SMITH LTD) 折りたたみボートクッション ブルー
by カエレバ


サウンドに装着してみる

まず、コチラが噂のチープなシートですw



ここにスミスのボートクッションを乗せてみます。

まぁまぁ使えそうですよね、見た目は度外視です(笑)



背もたれは既設のシートを使いたい方はコチラのバージョン



いやいや、何よりも高さが欲しい場合はコチラのバージョン



サイズを比較してみる

写真では見えてませんが、真上から見下ろして右下を合わせて写真を撮っています。
座面の大きさはナチュラディストーションのボートクッションの方が若干ですが大きいですね!


厚さはほとんど同じです!


人によって好みが分かれるボートクッション。
自分に釣りスタイルに合う物を買うことで気持ちよく釣りができますし、おのずと釣果も上がるかと思います\(^ω^)/


既に釣りに行かれてる方も多いかと思いますが、僕はまだ出撃できず…(T ^ T)

来週には行きたいなー!

ではでは!