岡しゅうさんの釣りブログ(仮)

トップウォータープラッキングをこよなく愛し、ブラックバスを愛でるのに人生をかける男の釣りブログ(愛艇はサウンド10.5)冬はライトロック!メバル、ソイ、アイナメ、ハゼ!仙台港、塩釜港、七ヶ浜、松島、石巻、女川に出没します!ライトロックはビギナー of ビギナー( ^ω^ )

ニンナートルト95のインプレ(ブラックバスとトップウォーター)

ニンナ新作ペンシル トルト95

とうとうニンナの新作ペンシル「トルト95」が発売されました!

今回は一店舗でしか予約しませんでした。
と言うのも仕事でバタバタしていて、締切ギリギリに滑り込んだので半ば諦めてたら、まさかの当選メールがっ!!

本日、無事ゲットしました\(^ω^)/キセキ



トルト95

トルト95は以前発売されたトルト110の弟分的存在のペンシルです!(長さの意味で)

ロタラスシリーズなのでラトルが入っているのですが、トルト95はトルト110同様にデカいのが一つだけ入っていて、それがアクション中に「カチ!カチ!」と甲高く音が鳴ります(^^)
※ワンノッカータイプと言うそうです!

ニンナ公式によると、このラトル音は威嚇警戒音、ブルーギルのパチパチ音などをイメージしているそうです。


リグはクロタラスシリーズお馴染みのサーフェスリグ!



トルト110と比較してみよう


見た目

とにかくカッコいいw

写真ではわかりにくいですが、トルト95の方がトルト110より頭でっかちです!

それが何を意味するのかは使ってみてからのお楽しみ!


長さ

当たり前ですがトルト110の方が長いですw
最後の数字がmmなので、今回のトルト95は95mmと言うことになります。


重さ

  • トルト95:24g前後
  • トルト110:23g前後

長さがあるトルト110よりも、頭でっかちトルト95の方が重いので、キャスタビリティも良さそうです(^^)


アクション

まだ使用していないので詳細は後日記載しますが、先述したように頭が大きく短いので、トルト110と比べて緩急がつけやすいはずです。

なので、狭いエリアやここぞのポイントで、より効果を発揮してくれるのではないかと思います。


使い分けとしては、トルト110は広いエリア向け(サーチ)、トルト95は狭いエリア向け、とでもしておきましょう(笑)


同じ用途や使い方で長いのと短いのでは、ルアーとして面白みがないですからね(^_^;)


使ってみた:2018.06.09追記

予想通り、トルト110に比べてレスポンスが良いので狭い範囲でも使いやすい!
僕としてはトルト110よりトルト95の方が扱い易いですね!

スケーティングもするけど、やっぱり緩急つけたアクションの方が得意なルアーです(^^)

上述したアクションの通り、目的別に使い分けると良いかと思います!

でわでわ!